企業情報

トップメッセージ

朝陽電気株式会社 取締役社長 北詰雅亮朝陽電気株式会社は、1919年(大正8年)、朝日新聞社様から電気工事をご依頼いただいた事からはじまり、電気設備工事の専門会社として約1世紀を経て2019年には創業100年を迎えました。
これもひとえにお客様をはじめとする関係者の皆様のご支援の賜と感謝しております。

朝陽電気株式会社 取締役社長 北詰雅亮電気は「あって当然、なくては困る」インフラそのものです。それだけに電気工事に携わる私たちは、電気が使われるそれぞれの場所でいちばん身近な存在でなくてはならないと考えています。
建物が竣工し、運用が始まってからもお客様専任の担当者が可能な限り一貫して状態を見続ける、これこそが朝陽電気が守ってきた品質です。

近年、LED照明や空調システムのゾーニング制御など効率的に電力消費を抑えるエコスマート型の更新工事や、災害時の電源確保を目的としたBCP・防災対策工事などをお客様に提案させていただく機会が増えてまいりました。
このような工事はお客様に寄り添い、お客様の事情をよく理解しなければ十分な成果を上げることができません。
ひとつの工事、ひとつのメンテナンス、そしてひとつの改善を着実に続けることこそがやがてお客様の大きな力になると信じています。

さて、サステナブル社会の現実に向けた取り組みは建設業界にも拡がっています。
私たちもSDGs(持続可能な開発目標)を掲げ、太陽光発電など自然エネルギーを使った循環型の電力使用、建物の消費エネルギーを0に抑えるZEBへの取組みの中で、お客様に最適なソリューションを提供してまいります。

また、業務の効率化、公平な人事考課制度、女性が活躍できる健やかで働き甲斐のある職場環境の実現をめざしています。

今までの100年、そしてこれからの100年もお客様のいちばん身近な存在であることを想い、歩み続けてまいります。

朝陽電気株式会社 取締役社長 北詰雅亮