事業案内

一般電気工事(強電工事)

一般電気工事建物の基幹設備で、この設備がないと建物として成立ちません。高圧線から使用する電力に降圧する変電設備の設置や、照明・コンセント・各種機械および装置(空調、ポンプ、エレベータなど)に電気を送るまでの工事を指します。国の施策として省エネ化が進んでいるため、近年は新規工事以外に改修工事も多く行われています。
朝陽電気では図面を工事台帳とともにデータベースとして登録し、年月が経過しても改修工事などの需要にお応えできるように体制を整えています。

受変電設備
受変電設備
送電線から送られてくる高電圧(6kV級)を一般に使える電力(200V、100V級)に変圧します。
発電機設備
発電設備
災害時などに対応するための非常用型と災害等に関係なく使用する常用型があります。
蓄電池設備
蓄電池設備
太陽光などのエネルギーを蓄電して夜間運用したり、通常電力を蓄電して停電時などの非常時に使用するための設備です。
電力引込設備(高圧・低圧)
電力引込設備(高圧・低圧)
電力会社から供給される電力を建物へと引き込む工事で、大型施設事業所・工場などで使用の高圧引込と、小規模施設事業所・一般家庭などの低圧引込があり、どちらにも対応しています。
幹線設備(高圧・低圧)
幹線設備(高圧・低圧)
受電設備から配電盤、分電盤間を接続する工事で、設計によりコストが大きく変動します。コストと信頼性が相反するため、お客様事情に合わせた設計が必要です。
動力設備
動力設備
主に三相200Vの電力を使用する機器(エレベータ、エアコン、ポンプなど)に電力供給を行うための制御盤をはじめとする設備です。
電灯コンセント設備
電灯コンセント設備
電灯やコンセント、小型機器に電灯分電盤から電源供給を行う設備です。
照明設備
照明設備
照明器具を設置する設備で、LED照明など省エネ性に優れた設備のご提案、消費電力のシミュレーションも可能です。
避雷設備
避雷設備
建築物の避雷設備と、建築設備などを設備ごとに雷から保護するための避雷設備、また雷警報設備もあります。